ドラクエブログ160記事目:『リレミト』ドラクエ呪文(じゅもん)評論■シリーズ全てに出てくる呪文。ダンジョンを瞬く間にして脱出する出来るゾぉ! #ドラクエ・ブログ

Image-2504.jpg

『※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。』




『ドラクエブログ160記事目:『リレミト』ドラクエ呪文(じゅもん)評論■シリーズ全てに出てくる呪文。ダンジョンを瞬く間にして脱出する出来るゾぉ! #ドラクエ・ブログ』

あなたへの朗報です!圧倒的で莫大な影響力を誇る・・・「DQ語りを地道に遂行中 🌟【 ⭕公式】ドラクエ評論家←スライムナイト大好き♪ ✳100%OK相互フォロー」 のツイッター・アカウントはコチラです↓
♥  @DragonQuestL0VE   ♥
積極的にフォローして繋がってみませんか~!?


『リレミト』
以下、概要である。。。
ドラクエシリーズにおいて皆勤の呪文だ。

ダンジョン内部からの脱出を一瞬にして可能にする呪文なのだ。
もちろん移動中専用であり、戦闘中は使用することができない。
ドラクエ英語版での呪文名は、「Evac」である。
 
リレミトが有効でルーラが使えない場所は多い。
リレミトで移動した後はルーラが有効の場合が多いため、
リレミトの直後にルーラを使用するパターンがよく見られる。

空が見える塔など場所によっては直接ルーラで脱出できるダンジョンも存在するゾ。
ダンジョンではリレミトを使えるだけのMPを確保しておきたいものである。
しかし、ルーラと同じく不思議な力で出られない事態にも遭遇する。



また、出入口が2つ以上あるダンジョンで使用した場合、
自分が入ってきた側の出入口へ戻されることを頭に入れておきたい。

消費MPは作品によって幅が広い。
多いときは8で、少ないときは0とかなりの差が存在する。
ルーラ同様、近年の作品においてはリメイクを含めて0~1にされていることが多いゾ。
 
一貫して瞬間移動ではなく高速飛行であるとされるルーラと異なり、
使用時の演出がまちまちなのである。
ファミコン版ドラクエ4・SFC版ドラクエ5においてはルーラと同じように
上に向かって飛んで行くアクションが入るため、普通に飛んで行くのだ。
※天井を呪文の力ですり抜けるようにあたかも見えるだろう。


 
ドラクエ8・9などにおいてはその場で消えるような瞬間移動のごとくの描写となった。
ドラクエ10ではリレミトゲートという紫色の光の球体を作り出し、調べた者が地上へ脱出するのだ。
その他の作品においては、画面が暗転して「ザッザッザッザッ」のSEがはいるだけで、
描写自体が存在しないのがほとんどである。
 
リレミトはほぼ同じ効果の道具のあるルーラ(⇒キメラのつばさ)と異なり、ナンバリングシリーズでは
長らくダンジョン脱出の効果のある道具が存在しなかった。
しかし、ドラクエ9において「おもいでのすず」が登場したゾ。


---------------------------------------------------
■ドラクエ1においては・・・・・
消費MPは6だ。
レベル12(ガラケー版は15)で習得するゾ。
ガライの墓攻略に至るまでには覚えておきたい。


---------------------------------------------------
■ドラクエ2においては・・・・・
消費MPは6である。
サマルトリアの王子がレベル12(ガラケー版では16、スマホ版以降では14)、
ムーンブルクの王女がレベル17(スマホ版以降では18)で習得するゾ。

風の塔の時点では覚えていない場合が多いのだが、
竜王の城や大灯台に行くまでには覚えると思われる。

その次のダンジョンである満月の塔か、遅くとも海底の洞窟までには
3人目も覚えておきたいものだ。
リレミト使用者は弱めで足を引っ張ることも多いのだが、
2人のうち1人がやられてももう1人が生きていれば脱出可能という意味でも覚えておきたい。


---------------------------------------------------
■ドラクエ3においては・・・・・
消費MPは8に増加したゾ。
習得は前作までと比べると早くなり、勇者がレベル14~15、
魔法使いと賢者が9~10で習得するのだ。

魔法使いがパーティにいれば、ほぼロマリアからカザーブあたりで習得できるだろう。
ただし魔法使いはタフではないなので、勇者が覚えるまでは
ダンジョン内で死なせないように気を配りたい。

ファミコン版においてはダーマ神殿など、ダンジョンのマップチップを使用している場所ならば
ダンジョンでなくても使えるのだ。






この記事へのコメント