💛✨ドラクエブログ119記事目:『イオナズン』ドラクエ呪文(じゅもん)評論■凄まじい威力を誇る呪文!!!ダイの大冒険、あのハドラーも頻繁に使ったゾォォぉ! #ドラクエ #アニメ #漫画 #雑記 #ブログ

Image-2504.jpg

『※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。』


『119記事目:「イオナズン」ドラクエ呪文(じゅもん)評論■凄まじい威力を誇る呪文!!!ダイの大冒険、あのハドラーも頻繁に使ったゾォォぉ! #ドラクエ・ブログ』


『イオナズン』
以下、概要である。。。。
ドラクエ2以降で登場する呪文である。
イオ系最上位呪文で、大爆発を起こし敵全体に大ダメージを与えるのだ。

※イオ・イオラの登場はドラクエ3以降なのだ。
 もともとは、神々が地上の人間たちに啓示を与える目的で使用された呪文だが、
 いつの間にか人間・そして魔物にも使い手が現れているゾ。
 
初期は「空気を吸収して爆発を起こす」という設定だったが、最近は「一瞬閃光が走った直後に大爆発」
といった形になっているのだ。

ドラクエ9やジョーカーシリーズでは更にこれを上回る呪文としてイオグランデが存在する。
あるFlash作品でネタとして使われ流行した事から、ドラクエの呪文の中でも高い知名度を誇るのだ。


範囲・威力等、デイン系やマダンテを除けば間違いなく最強の攻撃呪文と呼べる存在と言える。
アイテム「やまびこのぼうし」とコンボを組めれば強力だゾ。
 
名の由来は明確にはされていないが、イオ・イオラに先立って登場しているため、イオの発展型とは考えにくいのだ。
一部においては、電離を意味する「ionize」が由来ではないかという説があるゾ。


---------------------------------------------
■ドラクエ2においては・・・・
初登場のドラクエ2では、33~99(66±33)程度のダメージを与える最強の攻撃呪文である。
ほとんどは45~85程度のダメージに収まることが多いが、ごく稀に40未満や90以上のダメージを
叩き出すこともあるゾ。

この頃はまだイオ・イオラが存在せず、イオナズンだけである。 
習得レベルは19だ。消費MPは「8」である。
攻撃力が低いムーンブルクの王女の切り札と言えるだろう。

道中の雑魚散らしで大いに活躍してくれれば良いが、習得するのが遅いせいもあって
序盤のバギほどの活躍は見込めないのである。
イオナズンを習得する頃になると雑魚敵の多くは攻撃呪文に耐性があって外れることが多く、
しかも当たれば一撃というほどの威力でもないのだ。


ダメージムラが大きいせいで本来なら倒せるような相手ですら討ち漏らすこともあり、
いまいち安定感に欠けるのだ。

消費MPが大きいこともあり、長いダンジョンでは気軽に連発できないのも辛いところである。
それでもベギラマよりは頼りになるので、敵の耐性を見極めてうまく活用したいところだ。

また、ドラゴンやブリザードなどの強敵は、打撃だけで倒すのは非常に難しいため、
時には耐性があっても積極的に狙っていく必要があるだろう。
 
また、ハーゴンの神殿のボスで完全耐性を持っているのはアトラスとシドーだけなので、
ムーンブルク王女は回復の必要が無いターンであれば他のボスに対しては使ってみても良いだろう。
もっともベホマ用のMPを温存するのとどっちが得かを考えると判断に迷うところでもあるのだが。。。。。
 
上記の様に性能そのものは不安定であるが、終盤では実質ローレシアの王子の打撃以外で
唯一のまともなダメージソースであるため、その意味で歴代で最もイオナズンが活躍する作品であると
言えるだろう。

この記事へのコメント