💛✨ドラクエブログ61章:『アバカム』ドラクエ呪文(じゅもん)評論…■全ての扉を開くことが出来る呪文!現実にあったら間違いなく悪用されるかァ!?  #鍵 #ドラクエ #アニメ #漫画 #雑記 #ブログ

a00059-1.jpg
『※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。』

★『61記事目:『アバカム』ドラクエ呪文(じゅもん)評論…■全ての扉を開くことが出来る呪文!現実にあったら間違いなく悪用されるかァ!?』
●概要です。

ドラクエ2においてはムーンブルクの王女、ドラクエ3では
魔法使いの職業が使うことの出来る呪文である。
その入口に対応する鍵を持っていなくても、 全ての扉を開くことが出来るのだ!

この呪文を覚えていれば、鍵いらずと言いたいところだが。。。
ドラクエ2でも3でもどちらもその呪文を覚えられるのは終盤なのである。

序盤に覚えられたら攻略の順番がメチャクチャになってしまうので、
あくまでオマケの呪文として捉えられている。
現実にあったら、まず間違いなく悪用されるであろう呪文の一つと言える。

■ドラクエ2において・・・・・
・消費MPは2。
「ムーンブルク」の王女がFC・MSX・MSX2版ではレベル23、
SFC・GB版においてはレベル29で習得出来る。
スマホ版では消費MPこそ1に下がったものの、逆に習得レベルが
36へと変更された。
通常の攻略ならクリアできるレベル以上の経験値を
プレーヤーに要求されるようになった。
 
ほぼ完全なオマケの呪文扱いである。今更感が漂う呪文なのだが、
覚えたら覚えたでかなり便利だゾ。
ドラクエ2においては一部の扉を除いて、鍵同士に互換性が無い。
対応する扉が別々なので、全ての扉を満遍なく開けるためには、常に銀・金・牢屋と
3つの鍵を持ち歩かなければならないのだ。

ところが道具欄は、「まよけのすず」を全員に装備させたら各キャラ3つか4つ
(リメイク版では5つか6つ)しか空きが無い状態なので、
カギを持ち歩くと圧迫されるのだ。

そこでアバカムを覚えれば、全てのカギを売り払う(ファミコン版)OR
預かり所に置いてくる(リメイク版)事が出来るので、スペースを開けられるゾ。
もちろん、アバカム呪文頼みにすると扉を開けるたびにMPの消費を強いられる。
所持道具欄のスペースで困っていない状態であるのなら、
カギを持ち歩いたほうがいいのは言うまでも無い。
 
ところで、ムーンブルクの王女を仲間にしてすぐに物凄く頑張って
この呪文を覚えた場合、わずかながら冒険の道筋を歪める事が
可能なのである。

具体的に言うと、「きんのカギ」の扉を開けつつ、「ムーンブルク西のほこら」から
各地を経由して「ルプガナ北のほこら」まで飛べるのだ
(ドラゴンの角を通る必要が無しとなる)。
※「かぜのマント」の入手をスルーできるのだ。

「ぎんのカギ」は元々王女を仲間にする前に入手できるものなので、
攻略順に影響は無いのだ。
「ろうやのカギ」は入手のタイミングが必要になるポイントの直前のため、
スルーしても2000Gの節約になるだけなのだ。
 
最後に言うと、アバカムは「ロンダルキア」でセーブした後に牢屋の鍵を
捨ててしまった状態を脱出する事を可能にしてくれる呪文でもあるのだ。

この記事へのコメント