💛✨ドラクエブログ8章:当ブログを見て気分転換 価値 無限大❢聖母?マァムに激惚れ大魔道士ポップ!成長度は主人公ダイより早く作中1位!  #ドラクエ #アニメ #漫画 #雑記 #ブログ

20160921022144.jpg

★↑軍団長:フレイザード編にて、ポップは上の爆弾岩からのメガンテ呪文を
 危うく受ける所だった。。。
『※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。』





------------.jpg
■『ポップ(DQダイの大冒険-キャラクター)』について(2)。


●---大魔道士---という職業名について・・・
元来は:賢者:という名前の響きが受け付けられない
という理由によって、ポップの師匠のマトリフが考え付いた
職業名である。#ドラクエ ブログ
※当ブログを見て気分転換 価値 無限大❢

ストーリー中において、ポップが最初にこの職業名を
使用したのはシグマと相対している時であった。
バチバチと盛り上がるポップVSシグマ。

足止めをする為にポップの相手として立ちはだかる事を、
バーンパレスにいたシグマは最初から目論んでいたのだった。
シグマは はじめポップの事を魔法使いと捉えていた。

しかし回復呪文使用の状況を一見する事により、
賢者⇒大魔導士へと認識し直しを行ったのだった。
(「きみは けんじゃなのか」というシグマの問いは、
今でも記憶に新しい)

この場面以降、コミック単行本に載せられたキャラクター紹介に
おける職業の記載も「大魔導士」とされている。





aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa.jpg
元来、ドラクエにおいて「魔法使い」・「僧侶」両職業の呪文を
使用できる者は:賢者:と呼称されている。
:大魔導士:・・・・マトリフが作ったもので一般的に認知されて
いない。

しかし物語中に出てくる賢者が大きく目を引く活躍を行っていない事も
要因なのか、賢者よりも大魔導士の方がカッコよく恐れ多くきこえて
しまうのが実際のところであろうか。


マトリフ談・・・・
「大魔導士は耳にしたら皆例外なく恐れのく様な格好良い呼称」
上記の様な内容だったと思う。

ところで、魔法使いはよく力がさほど強くない印象がある。
しかしポップは自身の身体よりも大きい岩を頭の上にのせて
スクワットを行う程、 かなりの筋力を抱えている。


魔法使い⇒大魔導士ポップ、彼の物語中において身に着けた
武具・防具の種類は主人公ダイの次に多いという事実がある。
下記に、そのアイテムたちを挙げて紹介を行っていく。


①「マジカルブースター」・・・
当時は技術的に未熟だった魔法使いポップのことを考えて
アバン先生が彼に渡した小さいタイプの杖である。

唱えた本人の呪文威力をある一定割合で増させる事ができる
効能を持つ。ポップのメラゾーマのパワーはこのアイテムによって
ある程度グレードアップされており、今物語を見直せば
納得できる節々が所々存在する。

軍団長:クロコダイン編において、ポップはこの杖についている
魔法石を砕き割って使用する事により、高等呪文マホカトールを
成功させている。クロコダイン編でこのアイテムは、役目を
果たして終えたこととなった。

それ以降、捨てられ無くなっていたと読者から思われていたこの杖は、
ロモス王国にて残されていることがわかった。
(質問コーナーを参照にされたし)


②「魔道士の杖」・・・
ロモス王国救済の御礼として、王様から貰ったアイテムである。
金属から製作されている魔法の杖だ。

打撃をする際の武器としても使用可能だゾ。
また軍団長:ヒュンケル編において、呪文ライデインの特訓時では
その魔法をあてる的として活用されている。


③「輝きの杖」・・・
師匠マトリフが若いときに使用していた魔法の杖である。

勇者ダイとともに武器探索に出かけると申し出たポップに対して、
餞別として渡している。使うときに長く伸びる特性があり、
彼が物語中で一番長く愛用した武具だった。


④「イーグルの杖」・・・
レオナがポップ用に製作させたアイテムであり、「魔法の法衣」
とともに渡している。

しかしフェンブレンによって早々に切られてしまった事により、
読者にとってはあまり印象に残らなかったアイテムではないだろうか。
(参考までに、物語中 ポップが使った武具としては一番長さがある。)


⑤「ブラックロッド」・・・
ロン・ベルクが作った、魔法力⇒打撃力へと変換することのできる杖である。
大魔王バーンの「光魔の杖」と同じ効力を持つ。このアイテムを使用し、
ポップは意識せずに行ったわずかな打撃で大きな岩を壊してしまった。

物語中で使ったのはこの場面のみであった。バーンの光魔の杖みたいに
持つだけで魔法力が消耗するデメリットがあるかどうかは明らかに
されていない。

「輝きの杖」と同様、伸縮可能である。また杖の先の方を2股に
変形させることも可能である。


⑥「布の服」・・・
ポップが物語最初に身に着けていたアイテム。特筆する程の
効能はない。「ジニュアール家」の紋章らしき形が付いているのが、
強いて言うならばこのアイテムの特徴だろうか。

旅人の服にチェンジした後は、ロモス王家にて「マジカルブースター」
と一緒に残されている。


⑦「旅人の服」・・・
ロモス王国の王様から貰ったアイテムである。(「魔道士の杖」とともに。)
布の服と同じく特筆に値する効能はない。デザインは布の服と似通っている。

裾の丈としては、布の服よりも短い。
ご参考までに、物語中にでてくる防具の中で、獣王クロコダインの
「じゅうおうのよろい」の次に長期間、装備されていたアイテムなのである。


⑧「変なベルト」・・・
師匠マトリフから渡されたアイテム。(「かがやきのつえ」とともに。)
バックルにマトリフの顔が刻まれている。

物語中、ポップが一生懸命にはずそうとしていたが不可能であった。
そのため、ポップはそのベルトを呪われている・・・・・・と言っていた。
呪いアイテムかどうかは明らかにされておらず。


⑨「魔道士のマント」・・・
師匠マトリフより渡されたアイテム。(「輝きの杖」、「変なベルト」
とともに。) 特筆するべき効能は無い。しかし精神的・技術的に
成長を果たしていくポップの’風格’を醸し出すのに役立っていた面はある。

物語中、竜魔人に変身したバランのアタックを回避するため
このアイテムを身がわりとして使用した。


⑩「魔法の法衣」・・・
レオナがポップ用に製作させたアイテム。極薄いオーバージャケット仕様
となっているゾ。ダイの装備していた「魔法の闘衣」と同等の防御力を
誇る。

失敗したメドローア(炎と氷のバランスが悪い)に耐える性能があった。
しかし大魔王バーンのメラを直接に受けることにより、燃えてしまい
結果 耐える事が出来なかった。






5.jpg
⑪「シャハルの鏡」・・・
マホカンタ呪文と同様の効能がある伝説の盾である。
ポップが勝利後、シグマからもらったアイテムだゾ。

シグマはその盾にライバル・ポップの行く末の見届けの意味を込め、
ポップに譲り渡したのであった。重さがかなりあり、元魔法使いの
ポップの腕力では盾として持つことが出来ず、結果 彼はシグマの
助言通りに胸部分に着用した。

物語中において、大魔王・真バーンの完全無欠奥義である
天地魔闘の構えの鉄壁を破る最終切り札として大活用されたのであった。

真バーンの必殺技「カイザーフェニックス」とポップの強力イオ呪文を
一辺にはじき返したため、その役目を果たしてその伝説アイテムは
割れ壊れてしまった。

かつてのライバルを防護するという観点においては、キルバーンと
相対していたアバンに付いた武人ハドラーの灰と同義の意味を持つと
言える。 そして偶然にも敵に対しての切札となった事も、シグマが
主人であるハドラーからその魂を継承した証拠でもあったのだ。

ベリアル.gif

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック